女性の「ひげ」での悩み

MENU

乙女と憂鬱なヒゲ

じつは、私は、女性なのにうっすら、というようりも、けっこうハッキリと、口周りにヒゲがあります。かなり濃いほうです。

 

記憶をたどると多分、中学生くらいからうっすら産毛のように生えていて、その当時はまったく気にしていなかったのですが、20歳くらいにかけて、じっくりと濃くなっていきました。

 

気づいたときには、愕然としました。わたし、ヒゲがかなり濃くないか!?と。

 

それ以来、ずっとフェイス用のリムーバーで自分で対処しています。だいたい、3日に一回はリムーバーを使ってます。

 

だけど、剃れば剃るほどヒゲが濃くなってくようで、いつも憂鬱な気持ちで、しくしくと一人で処理しています。

 

剃った後も、うっすらですが、ジョリジョリっぽものが見え、鏡をみるとかなりヘコむときもあります。

 

普段は、気合の化粧でごまかし心を健全に保っていますが、お風呂上りなど、正直、こんなヒゲ体質にうまれたことを、親には申し訳ないですが、嘆くこともよくあります。

 

高校生の頃は、男性ホルモンが多すぎるのだと思い、豆乳などいっぱいたべて女性ホルモンをふやそうと努力したこともありますが、まったく効果はなく、その頃から現在までヒゲは健在です。

 

そろそろ、このヒゲライフともおさらばしたいです。